NO IMAGE

心理カウンセリングと休息

"以前に仕事のストレスから心理カウンセリングを受けたことがありました。 感想は、すぐには効果は出ない、ということです。 もちろん、カウンセリングを受けることによって心理的に少しラクになれた気はしました。それは非常に重要なことです。なんですが、根本は解決されていなかったのでもちろんしばらくカウンセリングを続けていました。 カウンセリングはとにかく話を聞い...

記事を読む

NO IMAGE

カウンセリングは悩みを解決する為の一つの手段

人は悩みを抱えている時、ただ誰かに話を聞いてもらうだけでも、自分の中で消化できたりするものです。 しかし誰にも話ができないくらい、自分を追い込んでしまうようなことも、長い人生ではありえます。 その場合、一歩踏み出してプロのカウンセリングを受ける事で、その苦しみから早く抜け出せるきっかけになります。 自分の経験から考えると、仕事で追い詰められ...

記事を読む

NO IMAGE

歯医者はいつ止める?

歯医者へ行ったことのない人はいないと思いますが、皆さんはいつ行くのを止めていますか? と言いますのも、全ての歯医者が、とは言いませんが、最近クリニックを兼ねた歯医者が多いように思うのです。 私も、先ごろ奥歯の詰め物が取れ、十数年ぶりに出来たばっかりの近所の歯科医に行きました。 久方ぶりの歯医者でしたので、レントゲンを撮り、歯石を取り、肝心の...

記事を読む

NO IMAGE

歯医者で病気の事を教えてもらう

虫歯などの病気でよくみなさん歯医者に行く人が多いですけど、そこでただ治療をしてもらうのではなくて先生や歯科衛生士の方に歯の病気にならないためにはどうすればいいのかを教えてもらうというのも大事な事だと思います。 一度虫歯になっている人なら分かると思いますけど、治療中は苦手な音がでたり、場合によっては痛い時もあると思いますので、二度と歯の病気になりたくない気持...

記事を読む

NO IMAGE

歯医者は言うことをなるべく統一して欲しい

私が歯科に通っていて「この歯医者大丈夫かな?」と心配になってしまうのは、通うごとに言うことが違う歯医者に他なりません。  以前に私が通った歯科では、そういう歯医者が担当医だったのでそのときはとても不安でした。その歯医者は「虫歯の原因は歯茎にありますから、歯茎をしっかりと磨いて下さい」と言ったかと思えば「あまり歯茎を強く磨き過ぎると傷つけてしまいますので...

記事を読む

NO IMAGE

歯医者で歯石除去

歯石除去のために歯医者に定期的に通っていました。以前、歯茎が痛くなったことがあり歯医者でみてもらったら、歯石がたまっているのが原因だといわれました。それから定期的に歯石除去をしてもらっています。 下北沢 歯医者 毎日歯磨きをしていても歯垢が完全に落としきれていないことがあります。歯に付着していた歯垢が唾液中のカルシウムと結合して歯石になります。歯石に...

記事を読む

NO IMAGE

治療する歯が逆

歯医者で親知らずを抜くことになりました。レントゲンで調べると両奥歯から親知らずが横に生えているので抜いた方がいいということになりました。 右奥歯が痛んでいたので、先にそちらからという話でした。横から生えているので、メスで切開をして削り取るみたいな感じになると説明を受けました。抜歯当日、ちょっと緊張しながら診察台へ。麻酔をかけて削っていきます。痛みはない...

記事を読む

NO IMAGE

歯医者との付き合いも10年になりました

歯の痛みって突然ガガーっとやって来て、 またいつの間にかスーッと痛みがなくなってしまうことがあって、 そんな状態が何年も放っておいたら、 いよいよ瞼まではれ上がるほどの激痛になってしまったことがありました。 今思えばお馬鹿自分に腹が立つけれど、歯医者は大嫌いなんです。 だから放っておいたのです。 だ...

記事を読む

2年ぶりの歯医者さん

2年ぶりの歯医者さん

よく虫歯になりやすいので最低1年に1回は歯医者へ行くようにしておりますが、気づいたら2年間放置してました。 歯の治療は、なによりキーンとしたあの音の治療が本当に苦手です。 って言ってもほっとけないです。 案の定、左の奥歯に違和感があり、予約を取って行ってきました。 ぱっと見た感じわからないらしくレントゲンチェックをすると、なんと、4本...

記事を読む

NO IMAGE

歯医者が苦手な私

大人になった今でも私には苦手なものがいくつかありますが、その中でも歯医者というのはもっとも苦手な部類に入ります。とはいえ今まで歯医者で嫌な思いや痛い思いはしたことはたいしてないのですが、どうしても苦手意識が消えてくれません。 歯医者というと痛いというイメージがありますが、少なくとも私自身はそこまで痛い思いはしたことはないはずです。にもかかわらず苦手だと...

記事を読む

1 2